ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します

本と本の意外な「つながり」ってありますよね

【書評】震度0/横山秀夫

 

震度0 (朝日文庫 よ 15-1)

震度0 (朝日文庫 よ 15-1)

 

 

概要

 横山秀夫さんといえば警察小説が有名だと思います。この「震度0」もゴリゴリの警察小説。警察内で手柄を挙げようとしのぎを削る刑事たちの物語です。

 

 「第三の時効」という別の作品が最近文庫化されて読んでいたので、こちらも読んでみました。

 

オススメポイント

 中盤までは刑事たちの頭脳戦が繰り広げられます。しびれます。しかし手柄を挙げようとする刑事たちのエゴがぶつかりあってしまい、事態は思わぬ方向に・・・。というお話です。

 

感想

 中盤までは頭脳戦のカッコよさに目が行きます。情報こそが最大の武器。独占するのか餌にするのか。面と向かって会話しながら頭は高速回転する刑事たちの頭脳戦であり心理戦を堪能できます。

 

 しかしクライマックスであの頭脳戦はホントにくだらないものだったと読者も痛感すると思います。

 

 結局、守るべきものは何だったのか。自分の保身だけを考えていていいのか。人間の欲望をえぐりだす見事な書きっぷりです。

 

 警察官の妻たちの情報戦も恐ろしかった。夫の地位が妻たちの友人関係にもしっかりと根を張っている。僕らの世界とは違うなぁと感じでしまいます。

 

 深い作品でした。