ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します

本と本の意外な「つながり」ってありますよね

【書評】植物図鑑/有川浩

 

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

 

 

概要

 2010年の本屋大賞8位に輝いた作品。有川浩さんの恋愛小説です。

 

オススメポイント

 とにかく甘い。甘々の恋愛モノです。僕が読んだ有川さんの本の中ではダントツです。悶ます。

 

感想

 ただただ恋愛をべたべたと書いているわけではないです。普段はあまり意識されないものを入念に調べてスポットを当てる。有川さんのすごいところです。今回は雑草が主役。「雑草という名の草はない。すべての草には名前があります」昭和天皇のお言葉。学問上はそうかもしれないけどさぁ・・・。と思ってしまいますが、この作品を読めばこの言葉の意味が分かりますね。

 春に読むのがおすすめです。ちょっとした道端の空き地なんかに目がいってしまいます。お散歩するのが楽しくなります。

 最後の樹の回想シーンではほろっときてしまったなぁ。地下鉄の中で涙が垂れるところでした。あぶないあぶない。

 植物図鑑というタイトルも最後の方で意味が分かります。この本自体が雑草の植物図鑑みたいなものですけどね。文庫版にはいろいろと付録がついていて面白いですよ。

 

有川浩さんの他の作品

【書評】キケン/有川浩 - ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します

【書評】ヒア・カムズ・ザ・サン/有川浩 - ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します

【書評】海の底/有川 浩 - ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します

【書評】空の中/有川浩 - ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します