ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します

本と本の意外な「つながり」ってありますよね

【書評】金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?/堀江貴文

 

 

概要

 ホリエモンこと堀江さんが、獄中で考えたことがまとまっています。堀江さんが考えた今の時代にウケそうなビジネスモデルのアイデアと、一般の人からの質問に堀江さんが答えるという、Q&A形式の部分の2部構成となっています。

 

おすすめポイント

 賛否両論あると思うけど、僕は堀江さんのことは尊敬できる人だなと思いました。ただの目立ちたがりなんかじゃあ全然ないし、金の亡者でもないんですね。やりたいことをやるべきというシンプルなメッセージに背中を押されます。

 

感想

 ビジネスモデルのアイデアに関しては、情報が制限された中でよくこんなにいろいろと思いつくなぁといった感じです。ほんとに頭が良いというか、考える力がある人です。書かれているものを丸々真似しても意味がないでしょうが、「目を付けるべきはどこか」「どのように考えたらいいのか」ということ教えてくれるような気がします。

 Q&Aでは、いろいろなジャンルの質問が掲載されています。参考になるものも、今の自分とはあまり関係のないものもあるのですが、堀江さんの答えには何か一貫した姿勢がありあます。「主義」のようなものと言ってもいいかもしれません。それが面白かったです。