ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します

本と本の意外な「つながり」ってありますよね

【劇場型捜査?】犯人に告ぐ/雫井脩介

犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)

犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)

 
犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)

犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)

 

概要

 かなりトリッキーな操作が展開される警察小説です。本屋大賞このミステリーがすごい!などに上位ランクインをした評価の高い作品です。

おすすめポイント

 一風変わった警察小説です。すごく面白かったです。しかし刑事たちのカッコイイ、男くさい戦いも存在感を出していて、ボリュームたっぷりです。

感想

 テレビ番組を通して犯人と対話するという、ありそうでなかったミステリーでした。かといってド派手な展開が繰り広げられるわけではなく、テレビの華々しさよりも刑事たちの男臭い戦いが目立ちます。

 僕は警察小説がけっこう好きなのです。犯人との戦いだけでなく、刑事の間で手柄を競って知力を絞る。そういう頭脳戦が好きです。この作品も、捜査の進み方は特殊ですが、そういう「警察小説らしさ」がきちんと描かれているところもすごくよかったです。

 主人公が最後まで本音を見せないというのも変わっているなぁと思いました。ほとんど心理描写が出てこない。結局何を考えていたのかがわからないですよね。それがラストできれいに効いているなぁと思いました。