読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します

本と本の意外な「つながり」ってありますよね

【壊れた母と子】告白/湊かなえ

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

 

概要

 第1章の聖職者だけが先に発表され、推理小説新人賞を受賞しました。これが湊かなえさんのデビューでした。本屋大賞を受賞し、文庫版は百田尚樹さんの「永遠の0」が出るまでは売上歴代1位だったそうです。松たか子さん主演で映画化もされ、反響を呼びました。

おすすめポイント

 暗くて重かったですが、それを圧倒的に上回る面白さでした。売れているのには理由があります。後味はあまりよくないのですが、読む価値はあると思います。

感想

 1章だけで完結してもおかしくない始まり方でした。最初は1章だけで発表されたのだから、当然ですね。牛乳の話も、エイズの話も、最後に全部繋がりました。そして残酷な裁き方に衝撃を受けました。

 しかし章が変わるごとに何度も衝撃の告白があり、事件の裏が徐々に明らかになってきます。読むのがつらくなるような箇所もあったのですが、とにかく物語に引き込まれました。とにかく先が気になります。

 しかし、ただ単に面白いサスペンスが繰り広げられる、というわけではないのがまたすごいところです。母と子の関係性というものをいろいろ考えさせられます。そして人を裁くこととはなんなのか、ということも。

 登場人物たちはみんな普通の人間でありながらどこかが歪んでいるような狂気を感じます。少年A・少年Bも壊れていますが、それ以上に怖いのは先生だと思いました。娘を殺されたことでスイッチが入ってしまったようです。大人がいちばん怖いです。登場人物のやったことは正しかったのか否か、という論点もあると思いますが、もはや全員イカれていて話にならないのでは・・・。

 映画版は見ていないのですが、正直言って見たくないですね。映像が伴なったらトラウマになってしまいそうです。

 

湊かなえさんの他の作品

【書評】花の鎖/湊かなえ - ネットワーク的読書 理系大学院生がおすすめの本を紹介します