ネットワーク的読書 理系大学院卒がおすすめの本を紹介します

本と本の意外な「つながり」ってありますよね

【ちゃんとした大人なんて】書評:漁港の肉子ちゃん/西加奈子

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

 

概要

 タイトルの通り、漁港に住んでいる「肉子ちゃん」と呼ばれるパワフルな女性と、その子供であるキクの暮らしを描いた物語です。

おすすめポイント

 肉子ちゃんの底抜けに明るいキャラクターは読んでいて自然と元気をもらえます。後半は泣けます。 

感想

 前半と後半のギアチェンジが印象的な一冊でした。肉子ちゃんが抱えている秘密が明らかにされると思いきや、語られるべき過去を持っていたのは実はキクの方、というか両方。前半部分で描かれいてるように肉子ちゃんとキクが平和に暮らしていること自体が、実はとても尊いことなのだという事実がわかります。涙が出てきました。

 キクの胸に響くサッサンさんの説教。

 「おめは、いっつもそうらろ、キク。いっつも、何かに遠慮してんらねか。俺にだけじゃねて、大人にも、子供にも、んーなに遠慮してんだいね。」

 他人に一切の遠慮をしない肉子ちゃんの陰に隠れて、実はキクは遠慮をしすぎている子供だったという構図が、この説教によって際立たされます。

 それに対して、キクは生真面目に反省をしてしまう。そこがキクの可愛いところであり、可哀想なところでもあります。

私は、いつもそうだった。自分が楽になる方ばかりを選んだ。攻撃するより、攻撃されることを選んだ。でも、それを叶えるために、自分から先に攻撃することは、決してなかった。先回りして、予防線を張って、何も起こらないように、逃げた。

 キクは何も悪くないのに、境遇が彼女をこのような考え方に至らせてしまっている。そしてサッサンはそれすらも見抜いているように、キクに説教を続けます。

「生きてる限り、恥かくんら、怖がっちゃなんねえ。子供らしくせぇ、とは言わね。子供らしさなんて、大人がこしらえた幻想らすけな。みんな、それぞれでいればいいんらて。ただな、それと同じように、ちゃんとした大人なんてものも、いねんら。だすけ、おめさんが、いっくら頑張って大人になろうとしても、辛え思いや恥しい思いは、絶対に、絶対に、することになる。それは避けらんねぇて。だすけの。そのときのために、備えておくんだ。子供のうちに、いーっぺ恥かいて、迷惑かけて、怒られたり、いちいち傷ついたりして、そんでまた、生きてくんらて。」

 このキクへのメッセージは、どうしても肉子ちゃんを彷彿とさせる言葉になっているのが面白いですよね。ちゃんとした大人なんてものもいない。恥をかいてもよい。

 ちょっと消化不良のまま終わってしまったこともいくつか。二宮のことをもう少し書いてほしかったですし、キクの独り言の正体は何だったのでしょうか。港に3人並んでいる爺さんたちは何者だったのかも気になったまま終わってしまいました。

 

 

 

 

オススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

 

西加奈子さんの他の本

【内なる言葉を磨け】書評:「言葉にできる」は武器になる。/梅田悟司

 

「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。

 

概要

 電通の有名コピーライターが、強くてキャッチーなコピーを書く技術を伝える一冊。小手先の技術にこだわるのではなく、自分の中にある「内なる言葉」に目を向けることが大事だと説きます。

感想

 著者が自分と同じ理系院卒ということで興味を持った一冊です。また最近仕事で企画を行う機会が増えたため、プレゼンする相手に響く言葉の使い方を勉強したいと思って読んでみました。

 キャッチコピーを作る上で、小手先の技術は重要ではなく、自分の中にある想いを外に出すというところに目を向けなければならないというのが論の中心でした。想いは自分が頭の中で発している「内なる言葉」に紐づいていて、それは話すことや書くことに用いる「外に向かう言葉」とは区別して捉える必要があるとのこと。「外に向かう言葉」ばかりに目を向けていても想いを伝える技術は向上せず、「内なる言葉」の解像度を上げていく作業こそが重要なのだと著者は言っています。

 ごもっともだと思いました。読みたくなる文章や心を動かされる言葉は強い想いから生まれていると僕も思います。ただ、肝心の「内なる言葉の解像度を上げるプロセス」の部分が自分にはピンとこなかったため、尻すぼみな読書体験になりました。

 解像度を上げるというのは、もやもやと頭の中で飛び交っている思考を鮮明にしていくことだと書かれています。それを行うために提示されているのが、よくあるアイディア生産のためのフレームワークに見えてしまいました。内なる言葉を深めようという趣旨だったのですが、結局はそういうところに帰結してしまうのだなあと思った瞬間に、この本を読み進める熱が冷めてしまいました。

 単に僕が求めていたものと違ったというだけで、この本が悪いと言うつもりは全くありません。刺さる人には刺さる本だと思います。主張の骨子には深く共感しました。

 

 

オススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

【母胎に仕掛けられた謎】書評:ジーン・ワルツ/海堂尊

ジーン・ワルツ (新潮文庫)

ジーン・ワルツ (新潮文庫)

 

概要

 海堂尊さんのチームバチスタの栄光シリーズの派生作品です。起承転結は本作の中で完結しているので、シリーズを読んでいなくても楽しめます。大学病院に勤める産婦人科医のお話です。

おすすめポイント

 現実の医療問題に対する鋭い問題提起はこのシリーズに一貫して見られる特徴ですが、本作では産婦人科の抱える問題と、代理母出産の可否にスポットが当てられます。また、良く練られたミステリー要素があるのも面白いポイント。クール・ウィッチこと曾根崎の仕掛ける罠を見破ることができるでしょうか。

感想

 今作で一番印象に残っているのは、主人公でありながら後ろ暗い謎を秘めた曾根崎理恵と、彼女の上司の清川の関係性です。名前をつけることの難しい二人の関係性は、愛情、信頼、疑心の間で揺れ動きます。浮気者の色男で通っている清川。主導権を握っているのは一見すると清川のようで、実は完全に立場が逆転しているというのが面白いところ。

 また、海堂さんの作品の中で僕が好きなのは、ロジックバトル。チームバチスタシリーズ本編では白鳥がロジカルモンスターなどというあだ名がついていますが、そのほかの登場人物もロジックで相手をやりこめるのがみんなお好きなので、派生作品でもバトルをよく見かけます。今作のクール・ウィッチは強かった。作中に敵らしい敵が出てこないので無双状態でしたね。

 最後に明かされる、クール・ウィッチが清川に対して仕掛けた罠。生殖医療というなかなか触れづらい領域で、大胆なミステリーを展開できるのは海堂さんならではだなと思いました。頭では理解できても、感情的になかなか処理しにくいなあと思いました。 

 チームバチスタシリーズでは霞が関の官僚批判がよく見られますが、今作はかなり際立っていましたね。どこまでが現実なのかちょっと混乱します。産婦人科は大丈夫なのか、いざ自分の周りの人が診療に行くという場面になったときに、心配になってしまいますね。 

 

オススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

 

海堂尊さんの他の本 

【少年少女は論理の果てに何を見る】書評:ソロモンの偽証/宮部みゆき

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

  • 作者: 宮部みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/08/28
  • メディア: 文庫
 

概要

 文庫にして6冊の大長編。ある雪の日、中学校の校舎の屋上から生徒が転落死する。自殺で決着がつくかと思いきや他殺だと証言する告発状が届き、中学生たちは自分たちの手で真相を明らかにしようと学内裁判を行います。

おすすめポイント

 スーパー中学生たちのロジカルな戦いと、中学生らしい心の揺れ動きが違和感なく共存する物語。宮部みゆきさんだからできる繊細な書き分けに感動します。

感想

 これだけ長い物語にも関わらず、読みやすいお話だなと思いました。登場人物の数はそれほど多くなく、覚えておかないといけない事実や伏線も意図的に絞られている印象でした。すっきりしています。

 群像劇の形式で、登場人物それぞれが様々な想いを背負って学内裁判に臨むことになります。裁判なので大きなアクションやハプニングはありません。議論しているだけ。しかし、ひとりひとりにしっかりとしたバックボーンがあって、ただの議論がとても面白く、スリリングで、時に非常に重たい。

 個人的に話のボルテージが上がるクライマックスのシーンは2つあったかなと思いました。

 1つは大出君が証人として尋問を受けているとき、弁護人の神原君が不良少年の大出君の過去の悪行を片っ端から糾弾する場面。嘘つきの三宅さんを救済すると同時に、大出君に対する最大限の弁護になっている。鬼気迫るものを感じて鳥肌が立ちました。

 もう1つは神原君が証人として尋問を受ける場面。1巻の冒頭で描かれた電話ボックスのシーンからここまでが全て繋がる種明かしが行われます。そしてここまでの裁判で積み重ねてきたものを土台にしつつも、いろいろな前提をひっくり返してしまうどんでん返し。このシーンで印象深かったのは、弁護人の助手を務める野田君の心情でした。

いや違う。助手の務めをまっとうするためだけじゃない。僕は知ってるから、僕にはわかるから、だから黙っていられなかった。僕は知ってる。父さん母さんをこの世から消してしまおうとしたあの夜、殺意というものがどんなふうに僕のそばに現れ、何を求めて僕をせき立てたのか。 

 彼が体験したこと、助手として弁護人の人となりを見つめてきた想い、彼自身の成長などなどが一気に流れ込んでくる感慨深いシーンでした。

 ページ数が多いので、登場人物はひとりひとりかなり深いところまで掘り下げられています。その一方で、転落死してしまった柏木君に関してはなかなか情報が出てこず、彼の人物像が焦点を結びません。もちろんそのように意図して書かれている。真相は明らかになったのに、彼の心のうちは不気味なままです。

どんな悲劇でも、平凡よりはいい。劇的な人生が欲しい。自分は断じて〈そこらの誰か〉ではないと自負しながら〈そこらの誰か〉でいることに甘んじるより、悲劇が欲しい。

たいていの十代が、一度は考えそうなことだ。だが不運にも、卓也の前にはそういうお手本がいた。現物がいた。ただの想像の産物ではなく、生きてそばにいて、一緒に笑ったり勉強したりしていた。

卓也は彼になりたかったのだ。

 柏木君の兄が彼の心情を分析した一説。しかしこれも真実なのかはわかりません。暗黒面に陥ることは誰にだってある。そんな警告が聞こえてくるような気がしました。

 

オススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

 

宮部みゆきさんの他の本 

【お金の時代は終わるかも】書評:お金2.0 新しい経済のルールと生き方/佐藤航陽

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

概要

 メインテーマはシンプル。テクノロジーによって資本主義は価値主義に移行していくという提言でした。斬新な考え方を中心におきつつ、暗号通貨を含めた最新技術のトピックスをわかりやすく解説していく1冊。

おすすめポイント

 お金というものの歴史を紐解きつつ、お金がそこまで重要なものではないと気付かせてくれる1冊。もしかしたらお金というものは僕が生きているうちに役目を終えるのかもしれない。わくわくする未来を想像させてくれました。

感想

 長い歴史の中で見てみると、お金はそもそもけっこう新しい概念で、人間がそれを使いこなすようになってから長い年月が経っているとは言えない。そんな説明がまずは印象に残りました。

 お金の代わりになるポテンシャルを秘めた技術として、仮想通貨が紹介されています。仮想通貨は、既存のお金を仕事にしている人ほど理解しにくい概念であると言います。

新しいものが出てきた時に、それに似た業界の前提知識があると、その知識に当てはめて新しいものを見てしまう傾向があります。しかしそれは危険です。仮想通貨も既存の金融業界の人ほど理解に苦しみ、全く前提知識のない若者や一般の人のほうが自然に受け入れて使いこなしています。

 既存のお金に慣れ親しみすぎると仮想通貨の本質を見誤ることになる、と。

 また、年齢によっても新しい技術に対する姿勢が変わってくるとの主張もありました。これも面白い。

イギリスの作家ダグラス・アダムスが生前に面白い言葉を残しています。人間は、自分が生まれた時にすでに存在したテクノロジーを、自然な世界の一部と感じる。15歳から35歳の間に発明されたテクノロジーは、新しくエキサイティングなものと感じられ、35歳以降になって発明されたテクノロジーは、自然に反するものに感じられる。

 僕はいま15歳から35歳の間なので、仮想通貨のテクノロジーはエキサイティングなものとして見ています。拒絶しないだけそれは幸運なことですが、自然な世界の一部とはとらえられない運命にあります。それをきちんと認識し、仮想通貨に向き合っていきたいと思いました。

 仮想通貨もお金も単なる道具、ツールです。

一方で、お金をうまく扱えず困っている人ほど、お金に特別な感情を抱いていることが多いです。私もそうでした。それがないことによって起きる困窮や不安から、お金に感情をくっつけてしまい、道具以上の意味を感じてしまいがちです。お金や経済を扱うためには、お金と感情を切り離して1つの「現象」として見つめ直すことが近道です。

 お金に感情をくっつけてしまっている。これは目からうろこの考え方でした。お金はあくまで道具。それはわかっているのですが、なくてはならないものと捉えてしまって、異常に執着してしまっている自分がいます。気を付けなくては。

アインシュタインがこんな言葉を残しています。空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。

 これは素敵な言葉だなと思いました。理系出身の人間として、そしてゲーム会社に勤めている人間として心に刻み付けたいです。想像力は世界を包み込む。僕らは自分が考えている以上にすごいことを想像することができるはずです。

 

 

その他お金に関する他の本。

オススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

【引っ込み思案に読んでほしい】書評:内向型を強みにする/マーティ・O. レイニー

内向型を強みにする

内向型を強みにする

 

概要

 性格によってすべての人は内向型か外交型に分類され、両者に優劣などないと主張する一冊。引っ込み思案で自分に自信が持てない人にとくにおすすめです。自分は単に内向型の人間なだけで、人として劣っているわけではないのだと勇気をもらえる内容です。

おすすめポイント

 僕自身が典型的な内向型の人間なので非情に感銘を受けました。嫌いだった自分の性格が、単にそういう気質なのだと考えることで楽になりました。特に僕と同じような理系人間の方には多いと思いますので、読んでみてください

感想

 ①内向型と外交型の分類とは何か、②両者の違いを生むものは何か、③内向型の人間が生きやすくなるためのヒント、という順番に論が展開されていきます。とにかく序盤だけでも読んでみて、内向型という考え方があることを知ってほしいです。救われる人がたくさんいると思います。

 内向型/外交型を分ける一番大きな特徴は、エネルギーの蓄え方/消費の仕方だと本書では書かれています。

 以下は本書における内向型の人のエネルギーの傾向を説明した一文。

内向型の人のもっとも顕著な特徴は、そのエネルギー源である。内向型の人は、アイディア、感情、印象といった自身のなかの世界からエネルギーを得ている。彼らはエネルギーの保有者だ。外の世界からの刺激に弱く、すぐに「もう手一杯」という気持ちになる。これはイライラ、あるいは、麻痺に似た感覚なのかもしれない。

 逆に外向型の人を説明した一文。

では、外向型の人のもっとも目立った特徴はなんだろう?それは、外の世界、つまり、さまざまな活動や人や場所や物からエネルギーを得ている点だ。彼らはエネルギーの消費者なのである。長時間、のらくらしたり、自己反省したり、ひとりで、もしくは、ひとりの人を相手に過ごしたりすると、彼らは刺激不足におちいる。

 とにかくこの文章にすべては帰結します。自分はどういうときにエネルギーを充電できて、どういう時にエネルギーを消費してしまうのか。それを知るだけでぐっと生きやすくなると思いました。

 大学院生として日々研究に励んでいるときは、朝から晩まで根を詰めて研究をしていても、心地よい疲労感を覚える程度でした。それが社会人になると、実働時間は研究をしている時よりも短いにも関わらず、家に帰ってきたときに凄まじく疲弊してしまっているのです。

 これはなぜかと考えると、研究はひとりで自分の内側の世界に没入していく作業であること(自分の内側に潜っていくこと)に対して、仕事は大勢の人に囲まれながら、分担作業とコミュニケーションで進めていくもの(外からの刺激を受けながら活動すること)であるからだと考えることができます。研究は僕のような内向型の人間の得意分野ですが、仕事はそうではないのです。

 でも、僕は今の仕事が好きです。なるべく円滑に楽しく仕事を進めていくためには、自分のエネルギーの状態を理解することが必要だと思いました。「今日は初対面の人にたくさん出会うのでエネルギーを消費しがちな一日になる。だから一人の時間を意識的に作ってエネルギーを補充しながらこなしていこう。」といった風に。

 内向型の人間の特徴は、下手をすると人間として何か欠落があるのではないかと疑ってしまうものだと思います。でも、そうではありません。内向型の人間が苦手なこともあれば、得意なこともある。単に違いがあるだけなのです。それを知るだけでも、読んだ価値がありました。

 

 

人間の心理に関する他の本。

 

オススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

【何もしない投資法】書評:お金は寝かせて増やしなさい/水瀬ケンイチ

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

 

概要

 インデックス投資の入り口から出口までをわかりやすく解説した一冊。とっつきやすい漫画もついています。

おすすめポイント

 とにかく平易ですらすら理解できます。難しい数式などはありません。著者が金融業界の人間ではないというのもポイント

感想

 自分は売買を前提とした投資をやろうとすると、株価を気にしすぎてしまうだろうなと思ったので、この本を読んでみることにしました。素敵なタイトルですね。

 うさんくささはなく、わかりやすい理屈でインデックス投資の利点を解説しています。なぜ何もしなくていいのかをきちんと理解しないとこの投資法はできないですね。

 印象的だったのは、人間がお金儲けの欲望を持ち続ける限り、全世界の株価は永遠に上がり続けるという理論に則っているというところ。だから定額を積み立てていくだけで利益が上がり続ける。これをきちんと信じることができれば、この投資法は非常にメリットの多いものだと思いました。その理論を信じられなければやめたほうがいいかなと思います。

 自分も、今後30年ぐらいはその理論は成り立ち続けると思います。中国もインドもどんどん発展し続けるでしょう。気になるのは、最後のフロンティアと言われているアフリカが発展しつくしてしまった先に、人類にさらなる発展はあるのかというところですね。

 アフリカの次は宇宙空間を開拓しているかもしれないですね。もはや科学を超えたSFの世界です。

 

  こちらも同じ著者の本です。

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

 

 

 

オススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品