ネットワーク的読書 理系大学院卒がおすすめの本を紹介します

本と本の意外な「つながり」ってありますよね

【統計との付き合い方入門】書評:統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門/ジョエルベスト

統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門

統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門

 

概要

 タイトルだけを見ると、「統計は悪者だ!」と言っているようにも捉えられますが、そういう主張ではありません。統計は時として事実と反することがあるのですが、なぜそういうことが起きてしまうかを分析し、わかりやすくまとめた一冊です。

おすすめポイント

 統計に関する知識は必要ありません。統計(=加工されたデータ)を扱うときに、どのようなことに気を付けたらよいかを教えてくれる一冊です。入門書なので誰が読んでもためになると思います。

感想

 世の中に溢れる統計は、いつも100%正しい事実とは限らない。このことをあらゆる角度から丁寧に解説した一冊です。

 この本の言う「統計」の定義が少し曖昧だなと思ったのですが、生のデータを加工して得られた2次制作物のことだと解釈して話を進めます。

 統計は必ず誰かが作ったものです。何かを主張するために作られています。これが大切な視点です。

私たちは、統計が人間とはまったく無関係に岩のようにそこにある事実であり、石のコレクターが石を拾うように人々が統計を集めるかのごとく、統計について語ることがある。これは間違っている。統計はすべて、人々の行動によって創造される。何をどう数えるかを人間が決定しなければならず、計数その他の計算を人間がやらなければならない。統計はすべて、社会的産物、人々の努力の結果である。

 自分が理系の大学院生だったころ、取得したデータをいかに自分の研究テーマの主張に結び付けるかに苦心をしていました。統計を自分の有利なように作りたいという動機は理解できます。数字には説得力があるからです。

 この本では主に、社会問題を扱うジャーナリズムの分野での統計が語られていますが、理系の研究も、仕事で用いる販売実績資料なども根は同じだなと思います。

 

****

 

 誰かが何かを主張するために統計を用いるときに、その統計が間違っていることがあります。間違っていると知りながらその統計を事実として扱うのは不正なのですが、推測に基づいて数字を算出せざるを得なくなり、その統計の根拠が曖昧になることもあります。そのこと自体は悪いことではありません。

社会問題の規模を推測するのはそれほど悪いことではない。問題の本当の規模は、知りようがないことが少なくない。知識に基づいて推測をするーそして、それが誰かの推測にすぎないことをはっきりさせるーことは、出発点になる。

 しかし統計にはパワーがあります。なので、その根拠の弱い数字が独り歩きをしてしまうことがあります。

問題が起こるのは、人々が推測を事実として扱いはじめ、数字を繰り返し使い、それがどのようにして生まれたかを忘れ、尾ひれをつけ、それを宣伝し擁護しなけれびならいと感じ、本来誰かの推測でしかなかった数字に疑問を差し挟む者を攻撃するになったときだ。

 自分の主張に有利に働くからといって、無意識のうちに統計を間違って解釈してしまうことがあります。その数字がセンセーショナルであればあるほど、より広く拡散されてしまうことになる。間違った統計の方が世の中に広まりやすいという負の一面を持っているのです。悪貨が良貨を駆逐するというやつです。

ある統計の劇的効果を弱める変換は忘れられやすく、劇的な数字は繰り返し伝えられる見込みが大きい。統計版グレシャムの法則である。悪い統計が良い統計を駆逐するのだ。 

 この本は2002年に第一版が書かれた本なのですが、SNSによってフェイクニュースが拡散されてしまう現代を予言していたかのようですね。

 我々は統計を目にしたときに、手放しにその数字を信じてはいけません。統計を呪物のように扱ってはいけない、あきらめて思考を停止することなかれと著者は言います。

私たちは統計を注意して扱わなければならない。これはむずかしいかもしれない。何しろ、統計を呪物のとして扱う人が私たちの社会にこれほど多くいるのだから。これを、畏怖する人々の態度と呼んでいい。批判的に考えず、統計に魔力があるかのように行動する人たちだ。畏怖する人々は、耳にする統計がいつも理解できるわけではないことはわかっているが、それを気にはしない。だいたい、誰が魔術的な数を理解できるだろう。畏怖する人々の敬虔な諦念は深い考えに基づくものではない。思考の放棄なのだ。

 すべては、統計は人の手によって作られるというところに帰結すると思います。この統計は誰が何のために作ったのか。そういう視点を常に持つことが大事ですね。

 

 

 過去に読んだ下記のような本の中でもたくさん統計が使われていますが、手放しにすべてを事実として受け入れるのはよくないということですかね。

ytera22book.hatenablog.com

ytera22book.hatenablog.com

 

 

 

僕のオススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

 

【文明を形作ってきた発明とは】書評:50(フィフティ) いまの経済をつくったモノ/ティム・ハーフォード

50(フィフティ) いまの経済をつくったモノ

50(フィフティ) いまの経済をつくったモノ

 

概要

 タイトルの通り、「いまの経済をつくったモノ」が次々に紹介される1冊です。一見すると「なんでこんなものが?」と思うようなものも、実は文明に大いに貢献しているのだということが丁寧に説明されています。

おすすめポイント

 著者の博識さがにじみ出ている1冊です。あらゆる分野から重要な発明がピックアップされていて、予想外のモノがどんどん登場します。次はどんなものが出てくるのだろうと楽しみながら、同時に経済の勉強をすることができます。

感想

 原題は「50 things that made the modern economy」。きっちりと原題を翻訳したタイトルがついている本です。50個の発明品を取り上げ、それが現代経済を形作るのにいかに寄与したか、またその発明が生まれた経緯や普及に至るときのエピソードが語られていきます。

 iphoneやエレベーターのように形のあるものから、銀行や株式会社のような組織、公開鍵暗号方式やモバイル送金といった技術、果ては福祉国家というものまで登場します。どれも今の経済を今の形たらしめているものですね。

 とにかくあらゆる角度から発明品を紹介していきます。何がでてくるのかわからないびっくり箱のような感じでとても面白い一冊でした。

 

****

 

 1番驚いたのは1番目に紹介されている発明でした。それは農業につかう犂(すき)です。英語ではプラウです。

 当たり前すぎでこれを発明と呼ぶことに違和感があるぐらいなのですが、プラウが発明される前と後では農業が劇的に変わったことを考えると納得ですね。土を耕す効率が飛躍的に向上し、農耕文化が一気に発展したそうです。まさに、人類文明のはじめの一歩という感じでしょうか。

 しかも、プラウを最初のページに持ってくることによって、この本は他の本とは一味違うぞということをアピールすることに成功しています。巧みな戦略ですね。

 

****

 

 著者が本文中に書いていましたが、「スゴイ発明トップ50」を紹介しているわけではないんですよね。あくまで、今の経済に貢献しているものを挙げています。

 これがあるおかげで自分の今の生活が今のようになっているのだということで、自分事として読むことができ、経済の勉強にもなりました。面白かったです。

 

 

ビジネス系の読んだ本。 

ytera22book.hatenablog.com

ytera22book.hatenablog.com

 

 

 

僕のオススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

 

【数学をビジネスに活かす】確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力/森岡毅,今西聖貴

概要

 ユニバーサルスタジオジャパンの経営をV字回復に導いた立役者が、「数学マーケティング」について解説する一冊です。

おすすめポイント

 マーケティング担当者だけでなく、何かを売って利益を得る仕事に就いている人ならば、誰が読んでも非常に勉強になると思います。数学を使って需要を予測する手法をあますことなく解説しています。

感想

 自分はマーケティングを担当したことがなく、自分の会社自体もマーケティングの機能が弱い会社です。この本で解説されている需要予測の精度の高さには驚かされました。

 需要予測はノウハウを知らなければできないことだなと思いました。自分のようなマーケティング初心者にとっては、マーケティングでどんなことが可能になるのかを理解できるという点で、読めて良かったなと思いました。

 マーケティングの熟練者にとっても得るものが多いのではないかと思います。特に、数式を使った数学マーケティングを解説する部分。確率論を用いて作り出したモデルに、実際の売れ行きやアンケートの結果から得たデータを投入すると、高い精度で需要が予測できてしまいます。まるで魔法のようです。

 

----

 

 数学の理論はかなり難易度の高いものだなと思いました。僕は工学系の大学院生だったころの確率論の授業で近いものを勉強したのですが、それでも一個一個の数式を完璧に理解することはできませんでした。ただ、たとえ数式を理解できなくても、読む価値は十分にあります。

 

----

 

 社運を賭けたハリーポッターエリアで、V字回復を成し遂げたときのことも紙面を割いて書かれています。ここはドキュメンタリーとしてとても面白かったです。

 数学マーケティングと聞くと、数字だけを見て機械的に判断を下すことのように思えてしまいますが、それを機能させるためには組織から変えていかねばならないというところが印象に残りました。著者は数字だけを追っていたわけではなく、会社全体を熱い想いで動かしていったのです。

 久しぶりに、とても勉強になるビジネス書を読みました。Bランクに入れます。

 

 

面白かったビジネス書はこのあたりですかね。

 

 

僕のオススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

 

【まさかの学園モノ】書評:アクアマリンの神殿/海堂尊

アクアマリンの神殿 (角川文庫)

アクアマリンの神殿 (角川文庫)

 

概要

 「チームバチスタの栄光」から派生した海堂尊さんの桜宮サーガの一作。「モルフェウスの領域」の続編に当たります。

おすすめポイント

 このシリーズには珍しい学園モノのお話。学生の恋愛エピソードや、学園祭の場面、そしてスポ根小説ばりのボクシングの描写もあります。まさに新境地といった感じでした。続編でがらっと空気を換えるという緩急のつけかたがお見事ですね。

感想

 主人公の佐々木アツシが中学生から高校生へと成長していく過程を追った物語です。このシリーズは基本的に病院の中で展開されるのでとても新鮮でした。

 頭の切れる人たちがロジックでバトルするというところは相変わらずでした。そこが良いんですよね、このシリーズは。クラスを牛耳る学級院長とバトルしたり、担任の先生にたてついたり、スカッと爽快感のあるお話でした。

 ただ、ストーリー全体を見るともやっとするところが多かったです。

 今回のクライマックスシーンは、アツシが人工凍眠システムの生みの親である西野と勝負をする場面でした。アツシが人工凍眠しているときに面倒を見てくれていた涼子が、「モルフェウスの領域」のラストで自分も凍眠することを選択。「アツシの抱える問題が解決していれば自分の記憶を消し、解決しなければ記憶を消さずに目覚める」という涼子の凍眠間際の言葉をどのように解釈するかを巡ってアツシと西野の意見は対立します。

 あっと驚く伏線が張ってあったとか、論理の穴をついた見事なロジック展開とかを期待していたのですが、すっきりしない決着でした。西野は涼子の記憶を消して目覚めさせたいが、その権限がないのでアツシに強要していた。端的に言うとそんな感じでした。

  • 結局、アツシの抱える問題とは何だったのかがはっきりしませんでした。涼子がわざとどちらとも捉えられる発言をしたのでしょうか。何のために?涼子の意図がわかりません。
  • 西野の行動原理も良く分かりません。涼子はアツシのことを想っているので、記憶を消さないと涼子を自分のものにするチャンスが生まれないと言っていましたが、記憶を失った涼子と恋愛関係になりたいのでしょうか?今までのことは何も覚えていない涼子と?
  • アツシの気持ちも良く分かりません。自分が冬眠しているときに記憶の片隅に植え付けられた涼子の笑顔の画像によって、彼の気持ちは涼子に囚われているらしい。じゃあ、目覚めたあとに涼子と一緒になりたいのかというと、彼はラストシーンで麻生夏美を選んでいる。浮気者では?
  • 細かいところですが麻生夏美の父親は誰なのでしょうか。物語中で散々言及しておいて、その伏線を最後まで回収しないのがとてもモヤモヤしました。他の作品で登場しているか、これから登場するのかもしれませんが。 

 

 読んでいる最中は新鮮で面白かったですが、読み終わったあとはすっきりしないお話でした。

 

 

 前編はこちら。 こちらは人工凍眠がもしできるようになったとしたらどのようなことが問題になるのか追求しているところが面白かったです。

 

  

 

僕のオススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

  

 

【語源を辿るとこんなに面白い】語源でわかる中学英語 konwの「k」はなぜ発音しないのか?

概要

 英単語の疑問を語源から解説するという、ありそうでなかった一冊です。シンプルに易しく書かれているのでさらっと読めます。

おすすめポイント

 今まで英語を勉強するなかで「覚えるしかない」と言われてきた不規則な文法が、なぜこのような形になったかを説明してくれているのが感動的でした。

感想

 タイトルにあるように発音がメインの話題です。canの過去系がなぜcouldなのか、というような文法の謎も取り扱っています。

 コトバは生き物だということがよくわかる一冊でした。時代とともに発音やスペルが移り変わっていく様子をコンパクトに解説してくれています。様々な変化があって今の英語があるのだということを知れました。日本語においても古典の時代から大きく言葉が変わってきたことを知っているわけですから、英語においてもそのような言葉の変化があって当然。英語が少し身近になりました。

 英語はヨーロッパの歴史を反映した言葉であるということが知れて、英語を勉強するのがさらに楽しくなります。

語頭にskが付く単語には、sky「空」、skin「皮膚、皮」、skill「技術」、skirt「スカート」があります。これらはすべてバイキングがイギリスに侵略した際、英語に入ってきた言葉です。ski「スキー」、skate「スケート」もsk-で始まりますが、バイキングはスケートをしていたのでしょうか。実は、北欧から来たバイキングは船乗りというだけではなく、スキーを巧みに操っていたことが記録されています。

 似たような言葉の語源を調べていくと、人類の歴史に行きつくのですね。とてもエキサイティングではありませんか。

 また、バラバラに覚えるしかなかった英単語の思わぬ繋がりも解説されています。丸暗記するよりも楽しく覚えられそうです。例えばMay(5月)とmajor。

Mayという名前は、古代ローマの大地の女神・成長の女神であるマイア(英語ではMaia)から取られています。この名前はラテン語のmaior「より大きい」、つまり成長することと関係しています。Maiorからは英語のmajor「大きい、主要な、メジャーな」という語が派生しました。

  発音やスペルが不規則に変化する単語についても解説がなされています。

今でこそ、複数形にするときには-sを付けるだけになってしまいましたが、古英語の時代にはいろいろな複数形の作り方がありました。それは、語尾に-asを付けるもの(これは現在の-sの由来になった)、-uや-ruを付けるもの、-anや-enを付けるもの、単数形と複数形が同じもの、などです。

  ここからchildの複数形がchildrenになった経緯がわかります。中学で習った時には「覚えるしかない」と先生に言われていたものが、英語の歴史をたどるとそれなりに理屈があることがわかります。難しくてもいいから理由があるのだと教えてほしかったです。頭ごなしに「丸暗記しろ!」と言われるのは苦痛じゃありませんか。

 もっと早く知りたかったことがいろいろ書いてあって、読み進めていくのも楽しい一冊でした。Bランクにいれておきます。

 

 

僕のオススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

 

【人間が凍眠できるようになったら?】モルフェウスの領域/海堂尊

モルフェウスの領域 (角川文庫)

モルフェウスの領域 (角川文庫)

 

概要

 チームバチスタの栄光からスタートした海堂尊氏の「桜宮サーガ」の中の1冊。様々な医療技術・医療問題にスポットを当てる今作において取り上げられているのは人工凍眠。SFチックな近未来技術ですが、もしそれが実現したとしたらどのような物語が考えられるかを、あくまで現実的に描いた作品になっています。 

おすすめポイント

 人体を数年間凍眠させることができるとしたらどのような問題が起こるでしょうか?また、冬眠した人に関わる人々の感情はどのように揺れ動くでしょうか?海堂氏ならではのロジックで、海堂氏ならではのストーリーが展開されます

感想

 人体を凍眠させるという技術が今後数年で開発される見込みは薄いでしょう。海堂氏もそれはわかっているのだと思います。そんな状況でも、このテーマに真正面から挑んだ勇気にまずは賞賛を送りたいと思います。(物語と物語の間で登場人物の年齢設定が合わなくなってしまったという凡ミスから生み出した作品でもあるらしいですが)

 病気の治療法が今後確立される見込みがあるので、人体を凍眠させてその時を眠って待つことができるとしたら。本人の純粋な願いとは裏腹に、様々な人間の思惑が絡みあい、ミステリーとなって物語は進んでいきます。

 他の海堂氏の作品でも良く見ますが、ミステリー作品にするためにわざとストーリー進行をややこしくしている面があって、こういうやり方が本当に好きなんだなあと内心苦笑しながら読み進めていました。物語に起伏ができてドキドキするのですが、謎解きをあいまいなままにすると混乱するので、きっちり落とし前を付けてほしい所です。

 主人公涼子に対して曾根崎伸一郎に投げかけた「モルフェウスをひとりにしてはならない」という言葉。それに対する涼子の答えは「自分自身も凍眠すること」ということでよかったのでしょうか。そうすることで、時限立法である凍眠8則の効力が切れないため、涼子が眠っている間にモルフェウス佐々木アツシの人権を守るための作戦を実行できる。自分はそんなふうに捉えているのですが合っているかはわかりません。続編「アクアマリンの神殿」も読んでみようと思います。

 シリーズの本筋の主人公である田口が出てくるので、外伝の中では比較的本筋に近い作品でした。特に、「ナイチンゲールの沈黙」から続く話が多かったですね。ダジャレでインパクトを残す佐藤は「ジェネラルルージュの凱旋」から登場だったかな?曾根崎伸一郎もいろいろなところで出てくる名前ですが、自分は「ジーンワルツ」の主人公である曾根崎理恵の夫という印象が強いですね。

 チームバチスタの栄光が面白かったので踏み入れた海堂尊氏の世界。どんどん文庫化されるのでがんばって読み進めているのですが、まだまだ先は長いです。読んでいない作品がわんさかあります。思ったよりも深い沼のようです…。

 

 

 

 

僕のオススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品 

  

 

【現代社会を作った究極の要因は?】書評:鉄・銃・病原菌/ジャレドダイヤモンド

概要

 現代社会を形作った究極の要因はなんだろうか。極めてシンプルで難しい問いに、鮮やかな答えを提案する歴史学の名著です。

おすすめポイント

 とてもわかりやすく書かれており、途中で迷子になってしまうということがありません。極めて科学的な研究結果でありながら、一歩一歩踏みしめるように結論へと近づいていく最高のミステリーのようだとも思いました。名著と言われるだけはあります。

感想

人類社会の歴史を理解することは、歴史がさほど意味を持たず、個体差の少ない科学分野における問題を理解するよりもはるかにむずかしいことだといえる。それでも、すでにいくつかの分野では、歴史の問題を分析するのに有用な方法論が考え出されている。その結果、恐竜の歴史、星雲の歴史、そして氷河の歴史は、人文的な研究対象としてではなく科学的な研究対象に属する分野として一般的に認められている。しかも、われわれは人間自身に目を向けることによって、恐竜についてよりも、人類についての洞察を深めることができる。したがって私は、人間科学としての歴史研究が恐竜研究と同じくらい科学的におこなわれるだろうと楽観視している。この研究は、何が現代世界を形作り、何が未来を形作るかを教えてくれるという有益な成果を、われわれの社会にもたらしてくれるだろう。

 上記はエピローグからの引用です。ここにある通り、歴史を文系に属する分野としてはなく、理系に属する分野として科学的に分析している本です。

 現代社会において豊かさを存分に享受している人々(主に欧米圏)と、そうではない人々に大きな差が生まれている究極の要因はなにかという問いを追い求める壮大な研究を解説した一冊です。

 結論はとてもわかりやすく、「ユーラシア大陸は東西に長い大陸のため農作物・家畜・文字などの文明・発明や技術全般が伝搬しやすく、アフリカ大陸や南北アメリカ大陸は南北に長いため伝搬が容易に進まず、ユーラシア大陸に遅れをとったこと」とまとめることができます。このまとめは著者の言葉ではなく、この本を読んで僕が理解したことを自分の言葉でまとめたものです。自分の言葉で結論を端的に書き記せるぐらい、結論に納得感をもたらしてくれる本でした。

 上記の結論に至るまでに、様々な分析を丁寧に組み合わせ、あらゆる可能性を吟味し、想定し得るあらゆる批判に対して反証を提示しています。お見事としか言いようがありません。このように極めて理系的に論を展開しているのにもかかわらず、謎を解き明かす過程は推理小説のようにスリリングでした。

 そしてあとがきまで読んで気付いたのですが、この本が記されたのは1998年というのが驚きでした。20年も前に提示された理論がいまだに覆されず、名著として語り継がれているのです。長い年月による淘汰にも負けなかったということで、いかにこの本が優れているかがわかるのではないでしょうか。ボリュームはありますが、ぜひ一度は読んで頂きたい傑作でした。Aランクのおすすめ本に認定です。

 

 

 

僕のオススメの本はこちらにまとめています。

A. 誰にでもおすすめできる/是非読んで欲しい作品

B. 大多数の人が面白いと思うはず/この作家さんが好きなら絶対読むべき作品